03.ファンダメンタル編

CAN-SLIMの「L」のまとめと投資への活用術【オニール流】

「オニールの成長株発掘法の読んで、またはCAN-SLIMを知ってもう少し詳しく知りたいと思われていると思います。

 

株式投資をしていると必ず出てくるのが「ウィリアム・オニール」ですね。

オニールの投資法である「CAN-SLIM」の

「L=Leader or Laggard (主導株か、停滞株か)

~あなたの株は?~」

について、私なりに理解した内容をまとめるとともに、どのように投資へ活用しているのかについて触れていきたいと思います。

 

CAN-SLIM全体については、本サイト内のこちらの記事でまとめています。

 

参考

こちらの本を読んでポイントをまとめたものです。

まだ読んでいない方はぜひ一読されることをおススメします。

「オニールの成長株発掘法」

⇒ CAN-SLIMは「最も一貫した最高の成績を上げた手法の一つ」

 

1. CAN-SLIMの「L」は何らかの新しい要素が必要!

CAN-SLIMの「L」は、購入する株が主導銘柄なのか停滞銘柄なのかを見分けて、主導銘柄にだけ投資をしていくという内容ですね。

 

主導銘柄は強気相場でどこまで値を上げていくような銘柄のことですね。

停滞銘柄は動きが鈍く、値を上げていかないような銘柄のことですね。

 

ただ気に入っているような株を購入すのではなく、購入する銘柄の状況をしっかり調べて投資をする必要があるということですね。

 

2. 業界内で上位2~3銘柄を狙って買う

業界の上位1~3銘柄は、残りの企業がまったく振るわないときでも、信じせられないような成長を見せることがありま

 

業界を牽引し、その専門分野でトップを走るような銘柄を探す必要があります。

 

上位企業とは次のような企業です。

株式市場では前代未聞の出来事などはまず起こらず、歴史はただ繰り返されているので、この考え方を意識することが大切ですね

 

ポイント

・規模が大きい、誰もが知っているブランドではない

・過去最高の四半期EPSの増加率

・年間EPSの増加

・ROEが最大

・利益率、売上増加率もずば抜けている

・株価の動きも活発

・独自性のある優れた製品やサービスを生み出している

・革新的になれない古株企業からシェアを奪っている

 

3. 共振株は買わない

共振株とは、主導銘柄が値を上げているときに同じ業界内で主導銘柄に合わせて一緒に上昇する銘柄のことです

オニールの投資法は細かく利益を上げることが狙いではありませんので、主導銘柄のように利益を上げられない共振株は購入すべきではないという考え方ですね

ここまでのCAN-SLIMの考え方でも少し良い銘柄を探すのではなく、圧倒的に良い銘柄を探しているわけなので、共振株はそれには該当しないため納得ですよね。

共振株とは、主導銘柄のおこぼれをもらうために買われる同じ業界内の別の銘柄のことである。だがそのような企業の利益は、主導銘柄のそれと比較するとたいてい見劣りする。株価は主導銘柄に「共振」して上昇しようとするが、主導銘柄ほどの成功を収めることは決してない。

オニールの成長株発掘法より

 

カーネギーが言ったこの言葉通りということですね。

「先頭をいくものがカキの実を手に入れ、二番手はカキの殻を手にする」

 

4. 主導銘柄と停滞銘柄はRSで見分ける

投資家としては「業績が最低の銘柄をまず先に売り」「業績が最高の銘柄をより長く保有し続ける」ことを学ぶ必要があります

 

上記の理由は次の2点を満たすためです。

ポイント

・誤った判断をした銘柄は売却して損失を少なくする

・より良い選択をした銘柄はそれが大化け株へと発展していくかを見定める

 

しかし、投資家の多くは上記の逆の行動をとってしまう方が大半です。

負けている株を長く持ち、買っている株をさっさと売ってしまいますね。

 

主導株を見つける方法してレラティブストレングスという考え方があります。

 

4-1. RS(レラティブストレングス)とは

レラティブストレングスは、「独自の手法」となっていますが投資しようとしている銘柄が市場全体の中で値動きがどのくらい強いかを確認する指標となっています

値動きを確認する時間軸は過去52週となります。

 

ある特定の銘柄の値動きを市場の残りの銘柄の値動きと過去52週にわたり比較するものだ。そしてその評価として各銘柄に1~99の数値が割り当てられる(99が最高)。

オニールの成長株発掘法より

 

ポイント

レラティブストレングス指数が

・99の場合はその銘柄の値動きが市場全体の99%の銘柄より上回ったことになる

・50の場合はその銘柄の値動きが市場全体の半分の銘柄より良い動きをして、残りの半分が悪い動きであったことを意味する

 

もう少し説明を加えると、保有銘柄のレラティブストレングスが70以下であれば、市場全体の中で良い結果を出している銘柄の足を引っ張っていることになります。そのような銘柄は上昇しないわけではないのですが、上昇したとしてもおそらく他の銘柄ほどは上昇しないだろうということを意味していますね

 

レラティブストレングスについては、本サイト内のこちらの記事でまとめています。

 

4-2. RS(レラティブストレングス)の活用法

きく株価が上昇した場合のレラティブストレングス指数を調べてみると、平均が87だった。とされています

 

大化け銘柄がいよいよ最大の上昇を始めていく場合には、市場の残りの9割の銘柄よりも値動きがすでに上回っている事実があるということです。

 

信の主導銘柄を購入して、低迷株や共振株の購入をさけるために、レラティブストレングス指数が40~60台の銘柄は買ってはいけない。ということです

また、レラティブストレングス指数が7ヶ月以上下落していたり、4ヶ月以上にわたり異常なほど下落をしている場合には、その値動きに問題があると判断して、その銘柄は売却の検討をした方がいいです

 

レラティブストレングスをスクリーニングするための計算方法については、本サイト内のこちらの記事でまとめています。

 

4-3. RS(レラティブストレングス)が80~90でベース形成を狙う

運用会社などを含む多くの投資家は低迷株を好んで購入するとされていますが、そのような銘柄を買っても何の利益も生まれない。とされ、レラティブストレングス指数が80以上の企業だけを買っても良いとされています

 

株価が1回目や2回目のベースから上にブレイクするタイミングでは、レラティブストレングス指数は90以上になっているとのことです。

 

上記のようにブレイクするにはレラティブストレングス指数が大きい数値である必要がありますが、加えて正しく形成されたベースやもみ合いからブレイクアウトしていること、正しい価格で必ず購入するということがが大切とされています

 

最初の買いポイントが高値を抜けてから5~10%上昇してしまった銘柄は避ける必要があります。これはCAN-SLIMの「N」の絶好の買い場でも説明されていますね。

 

以上のことを順守すれば、株価が急上昇してしまった株を後追いすることもなくなりますし、突然の市場の急落が起きてもふるい落とされる可能性が低くなりますね。

 

5. マーケットの調整直面で新たな主導銘柄を探す

市場全体が伸びている時は良い銘柄が上昇してしまい、なかなか購入する株の選定が難しいものです

 

しかし、市場全体が調整局面を迎えたり下落を始めると、新しい主導銘柄を見つけるチャンスが訪れます。

 

魅力的な成長株は、市場平均株価の1.5~2.5倍の調整が入ります。

つまり、市場全体が10%下落したら、優秀な成長株は15~25%になります。

注意点としては、この下落が上昇トレンド中に起こった一時的な調整の場合には最も下落が少なかった成長株が最高の選択になります。

 

もう1つの注意点としては、市場全体の下落が10%なのに35~40%も下落してしまった銘柄がある場合、売りの警告を出していると考えた方が良いので保有していたら売却をします。

 

結果的には、市場全体の下落が最終局面を迎えた後に、最初に新高値をつけるまでに回復した銘柄が正真正銘のの先導株になりますね。このような株価のブレイクアウトは約13週にわたって続くものだとされています

 

6. 弱気の日に異常な強さを示す銘柄を探す

市場全体が弱含んでいるのに異常なほどの強さをしめしている銘柄は主導銘柄になります

 

停滞株に投資するのは、それが興味をそそるほどの安値に見えても、利益を生み出すことはありませんので避けるべきです。

その代わり、マーケットを牽引する主導銘柄を探し、そういった株からのみ買い銘柄を選択していきます

 

ただし、保有している銘柄が買値から8%下落した場合には、損失を出している停滞株とみなして、大きな痛手を被る前に損切りが大切です。

 

さいごに

CAN-SLIMの「L」について自分なりに学んだことをアウトプットしてみましたが、「オニールの成長株発掘法」を読まれた際に感じたことは同じでしたでしょうか。

 

主導株を選び、停滞株や共振株を購入しないという考え方を学びましたね。

 

レラティブストレングスを活用しながら、主導株になるための条件をクリアしている銘柄をしっかりと選定していきましょう。

 

さいごに、株式市場で成功するためには過去に失敗した手法をきっぱりと捨て、継続して使えるような、より優れた信ルールや手法を考案しないといけないとされています。これらを学んで成功したスタイルを身に着けていきたいですね。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPIT

▶「株式投資×IT活用」を考える兼業投資家
▶ ファイナンシャルプランナーを活かし学んだことをFP視点でアウトプットし、 個人ができるIT活用・効率化ツールの自作版も公開
▶ダイエットも低糖質・ファスティングの両方を成功し▲20kg
▶ KWは株式投資/IT/Excel/スプレッドシート/お金/その他ヒント
▶ ご相談やコメント等がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください

-03.ファンダメンタル編

© 2022 FPITブログ