株式投資用の自作ツール編

株式投資で3800銘柄をスクリーニングするツール作成法を大公開

株式投資で3800銘柄をスクリーニングするツール作成法を大公開

株式投資の勉強を進めていくと、有償・無償に関わらず非常に多くの優秀なツールにたどり着きます。

一方で、どのツールもツールの課題と利用者側の課題の両面からいろいろと課題を感じます。

注意ポイント

・汎用性は高いものの自分の投資法にあった銘柄のスクリーニングができない
・過去に学んだことをメモしたり紐づけたりする軸となる一覧が無い
・たくさんのツールがありすぎて、ブックマークしても活用することを忘れてしまう

以上のことから、解決するためには自分の都合の良いデータ管理ができるツールを自作すべきと考えました。
Excelが好きな方であれば、プログラミングをしなくても完成できる範囲のツールとしていますので、ぜひ何かのお役に立てればと思います。

※同じツールが自作できるように情報を可能な限り提供し、サポートも検討しています

1.  上場企業3800銘柄の株スクリーニングツール(自己流)

最初に上場企業約3800社の銘柄一覧があると非常に便利ですので、全銘柄リストを作ってデータ連携をしながらスクリーニングリストを作成しています。まだまだ課題が山積、改良余地ありのツールですが一つの方向性として現時点のものを共有します。

ここまでは、基本的には無料の情報を活用して作成していますので、データ更新等も無料で行うことができます。

現時点のスクリーニングツールの一部

3800銘柄のスクリーニングツール

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPIT

▶「株式投資×IT活用」を考える兼業投資家
▶ ファイナンシャルプランナーを活かし学んだことをFP視点でアウトプットし、 個人ができるIT活用・効率化ツールの自作版も公開
▶ダイエットも低糖質・ファスティングの両方を成功し▲20kg
▶ KWは株式投資/IT/Excel/スプレッドシート/お金/その他ヒント
▶ ご相談やコメント等がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください

-株式投資用の自作ツール編

© 2022 FPITブログ