その他の話題

年収1000万円超の割合を徹底分析!年代別・男女別の構成も確認!

「年収1000万円以上の人ってどのくらいの割合いるんだろう」とふと気になって何気なく調べた際にたどり着いたのではないでしょうか。

 

年収1000万円は夢の大台のひとつではないでしょうか。

「将来年収1000万円ほしいけど、現実はどうか、、、」

「年収が1000万円に近付いてきて気になった」

「ついに年収が1000万円を超えたけど、どんな立ち位置?」

 

ご自身の想いを乗せて、本記事にて確認をしていただければと思います。

 

参考

令和2年の全体の平均給与「433万円」

 

1. 年収1000万円超の割合は4.6%(令和2年)

年収が1000万円の割合というとぴったりなのか、100万円刻みなのか分からないので、次の2つのデータを見てみたいと思います。

 

共通するのは「給与としてもらってる金額」ということです。

日本人の給与としてもらってる額割合
(1)年収1000万円超もらってる人の割合 ※(2)を含む4.6%
(2)年収1000万円~1500万円もらってる人の割合3.4%

 

こちらは令和2年の民間給与実態統計調査のデータを基に作成しました。

 

年収1000万円超のイメージ

(出典:令和2年民間給与実態統計調査よりFPITが独自作成)

 

ポイント

年収が1000万円を超えている割合は4.6%ですので、人数に直すとおおよそ240万人ということになります。

日本で給与支給されている方では、おおよそ240万人が年収1000万円になっているということが分かりますね。カウントされない個人事業主の方や個人投資家さんを含むと300万人は超えてきそうですね。

 

参考

年収に関わるデータは、国税庁が毎年秋に発表する「民間給与実態統計調査」という資料をみると、給与を支払う事業者は登録と報告が必要となっていることから、日本の企業の実態を正しくつかむことができます。

 

以下、年収別の人数と割合の一覧になりますので、具体的な数値を見たい場合にはこちらをご活用ください。

 

令和2年の年収別の人数と構成割合

年収人数(千人)割合
100万円以下4,4208.4
101~200万円7,22613.8
201~300万円8,14215.5
301~400万円9,13017.4
401~500万円7,64314.6
501~600万円5,36610.2
601~700万円3,3956.5
701~800万円2,3134.4
801~900万円1,4532.8
901~1000万円9521.8
1,001~1500万円1,7533.4
1,501~2000万円3840.7
2,001~2500万円1240.2
2,501万円~1450.3

(出典:令和2年民間給与実態統計調査より)

 

(注意1)個人事業主・専業投資家を含まない

「民間給与実態統計調査」は源泉徴収義務者を対象に調査しているため、個人事業主でおひとりで事業をされている方、またはお手伝いさんなど税法上の「家事使用人」のみを雇われている方は対象になりません。

 

注意ポイント

【調査の対象にならないケース】

・人を雇わず、外注もせずに一人で事業をしている

・雇用しているが常時2人以下で、家事使用人のみ

・デザイナーなどに業務を外注しているが、従業員を雇用していない

 

以上から、個人事業主で雇用が無い場合や、個人投資家のようにおひとりで稼いでいる場合には、この統計に含まれていないということです。

 

(注意2)資産運用・副業等の稼ぎは含まない

給与の統計になりますので、資産運用や不動産投資、せどり、アフィリエイトなどのメインの給与以外の稼ぎは入りませんので、実際にはこれらの項目でたくさん稼いでいる方も多いと思います。

 

2. 男女別の年収1000万円超の実態

男女別の年収1000万円超のデータについても確認しておきましょう。

1年で給与所得があった方は全国で約5000万人で、男性が約3000万人、女性が約2000万人となります。

 

年収が1000万円超の割合は全体で4.6%(約240万人)でしたが、男性の中では7.1%(約215万人)、女性の中では1.1%(約24万人)の方が1000万円超なっています。

割合でみると差が小さいように感じますが、人数で見ると男性の方が1000万円超の方は圧倒的に多いですね。

 

2-1. 男性の年収1000万円超の割合は7.1%

男性の年収1000万円超の割合は7.1%で、人数で見ると約215万人です。

年収が1000万円超から1500万円未満の方が約160万人弱ですので、1000万円超の方の中でここのゾーンの収入の方が最も多いですね。

やはり1500万円を超えていく収入を得ることは相当厳しいということですね。

 

令和2年の男性の1000万円超の人数と構成割合

年収人数(千人)割合
(901~1000万円)(863)(2.8)
1,001~1500万円1,5895.2
1,501~2000万円3351.1
2,001~2500万円1120.4
2,501万円~1330.4

(出典:令和2年民間給与実態統計調査より)

 

2-2. 女性の年収1000万円超の割合は1.1%

女性の年収1000万円超の割合は1.1%で、人数で見ると約24万人です。

年収が1000万円超から1500万円未満の方が約16万人弱ですので、1000万円超の方の中でここのゾーンの収入の方が最も多いですね。

やはり女性で1000万円超の収入を得ている方は少なく、結婚・出産や仕事へ投じる時間などまだまだ壁がありそうですね。

 

令和2年の女性の1000万円超の人数と構成割合

年収人数(千人)割合
901~1000万円890.4
1,001~1500万円1640.7
1,501~2000万円490.2
2,001~2500万円120.1
2,501万円~120.1

(出典:令和2年民間給与実態統計調査より)

 

3. 平均年収1000万円以上の上場企業

年収1000万円超の方は約240万円ということですが、上場企業は平均年収を発表しています。

上場企業が約3800社の中で、平均年収が1000万円超の会社は約70社あります。これらの会社に就職している社員の方は、年収1000万円超に含まれてる方をたくさん排出していますね。

 

上場企業の平均年収ランキング

年収ランキング企業平均年収
1位M&Aキャピタルパートナーズ2269万円
2位キーエンス1751万円
3位ヒューリック1708万円
4位三菱商事1678万円
5位伊藤忠商事1627万円
6位三井物産1482万円
7位野村HD1414万円
8位ソフトバンク1405万円
9位日本テレビHD1384万円
10位ストライク1357万円

 

さいごに

年収1000万円超の方は4.6%であり、約240万人の方がこの収入を得ているということが分かりましたね。

 

「年収1000万円だからお金持ち」というのは実は少し違います。

年収1000万円超の方は1年で入ってくるお金は確かに多いのですが、貯蓄など資産が無ければ真のお金持ちにはなっていけないですよね。

お金持ちはやはり自身が持っている貯蓄など総資産がが多い人のことをいいますので、ご自身の資産をどう増やしていくかを考えていくことが大切ですね。

 

給与で1000万円超をもらうということは、ビジネスに使う時間も多くなります。安定した給与をもらいながら、勉強時間などにも投資をして、資産を増やしていく時間を確保することも大切ですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPIT

▶「株式投資×IT活用」を考える兼業投資家
▶ ファイナンシャルプランナーを活かし学んだことをFP視点でアウトプットし、 個人ができるIT活用・効率化ツールの自作版も公開
▶ダイエットも低糖質・ファスティングの両方を成功し▲20kg
▶ KWは株式投資/IT/Excel/スプレッドシート/お金/その他ヒント
▶ ご相談やコメント等がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください

-その他の話題

© 2022 FPITブログ